せどりの価格設定は使い分け。最安値?それとも2番手にする?

せどりをする上で価格の設定は非常に大事です。
あなたは全て最安値で売ったり、または2番手安で売ったり、単純な法則で価格を設定していませんか?

今回は、商品ごとに、または経営スタイルごとに価格設定を変えて利益を増やす方法を解説していきます。

 

あっ、どうもkushiです。
本日もどうかお付き合い願います^^

 

損切り商品を減らして、利益額を最大化する価格設定

「利益」というのは人それぞれ違うという話を以前記事にしました。

>>【せどり】一番やってはいけない販売価格の付け方<<

今回は具体的にどのように価格設定していくのかをいくつかのパターンに分けて説明していきます。また、前提として中古の商品は同じコンディションの価格を基準に考えると頭に入れておいてください。

 

パターン1:在庫の回転率をあげて、キャッシュフローをよくする値付け

言うまでもなく在庫の回転率をあげるには、最安値で販売しますよね。
ただ、最安値の同じ価格の出品者が5人、10人といたらどうしますか??

その5人、10人よりも少し安くするのか、同じ価格で出品するのか。

この場合、同じ価格のライバルセラーが全て個人のセラーなら同じ価格を付けていいのではないでしょうか。

以下のような強いライバルがいる場合は少し安くすることも視野にいれてください。

  • Amazon本体
  • 大手家電量販店
  • メーカー元・正規販売代理店

どれも個人セラーとは安心感が違いますからね。たとえFBAを利用していたとしても消費者目線でみたら、聞いたことのないショップ < 有名ショップとなります。

キャッシュフローをよくしたいならばなるべくライバルの少ない商品を仕入れましょう。カートの取得に時間がかかるだけでなく、価格競争のリスクが高まります。

カート価格についてはこちら>>カート価格とは

 

パターン2:タイムリミットがある商品はソッコーで売り抜け!

ここでいうタイムリミットは賞味期限ではありません。例えば以下のような商品たち

  • 季節もの
  • 今はプレミア価格だけど再販が決まっているもの
  • Amazon本体・メーカー元が在庫切れで値上がっている商品

季節ものは当たり前のようにシーズンが終わる1ヵ月前には売り切りたいですよね。

問題は残りの2つですが、再販と在庫復活。
ともに予測不可能な場合がほとんどだと思います。

低価格帯のセラーがもう少しで在庫がなくなるから待とうなんて考えてるうちに、再販や在庫復活して損切り、もしくは長期間保管する羽目になる場合があります。

こんな感じでメーカーの在庫復活が起きます

値動き

よくこんな感じのグラフになるのが「cheero」の製品だったり、、、

 

対処法としては利益が出るうちにソッコー売りぬく!!
経験上、売った後に値上がって悔しい思いをしたことよりも、ソッコー売り抜いておいて良かった商品の方が圧倒的に多いです。

特に初心者さんは赤字になってやる気をなくした~なんて話を聞きますが、1つの商品にあまりこだわらない方がいいです。トータルで黒字になっていればいいので。ちなみに僕もどんだけせどりをやっても赤字になる商品というのが毎月一定数あります。そんなもんです(^^;)

 

パターン3:寝かせて稼げ!

寝かせる=値上がりを待つことです。結構上級者向けかなと思いますし、資金に余裕がないとできませんね。

上級者向けと言ったのは、値上がる条件を理解しある程度の予測スキルがないと成り立たないからです。では値上がる条件とは何でしょう??

  • 人気商品で品薄傾向
  • 今後再販されない

人気と言っても他の商品で代用が効くものは基本値上がりません
代用が効かないものとは、例えば、「ある人気アーティストの初回限定生産アルバム」とか。
よっぽど値上がりする自身がある場合は寝かせてみましょう!

「初回限定生産品」「初回完全生産限定品」「完全生産限定品」・・・いろいろ言い回しがあるけど意味知っていますか??笑

2番手安、3番手安に価格設定する意味は??

よく、2番手安に値付けするといいよと聞きますがどういうときに利用すれば効果的でしょうか??

それは、最安値セラーの在庫数が少ないときです

最安値のセラーの在庫がなくなった時点で最安値は2番手安だった価格に変化します。わざわざすぐに消えそうな出品者に価格を合わせなくても少し高い値段で待っておくことで利益額が増えたりします。

ここで注意ですが、待ってる間に次々と出品者が増えて価格競争が起きる可能性も視野に入れて下さいね。待っている期間が長いほどリスクも大きくなるということです。

 

価格設定について思うこと

価格設定はワンパターンではダメです。
そして、扱う商品によりますが「素早く売り切って利益を確定させる」方が相対的にみて利益額は増えるというのが僕の意見です。

そして、ライバルとの駆け引きも覚えていくと売上も増えていくと思うので、いろいろ試行錯誤してみるといいかもしれません。

 

以上です。
最後までありがとうございました。

 

コメントを残す