小口出品と大口出品

出品形態は大口出品と小口出品の2つです。

大口出品サービス(FBA)

せどりをするならこちらをおすすめします。

  •  商品をAmazonの倉庫に納品するので在庫の保管場所がいらない
  •  購入者への発送、クレーム対応・返品処理を全てAmazonが行う
  •  オリジナル商品もAmazonに既にある商品も出品可能
  •  出品数やカテゴリーが無制限
  •  大量の商品もまとめて出品登録が可能
  •  データ分析レポートが利用可能
  •  月間登録料4,900円

小口出品サービス

小規模で運営するならこちらかなと思います。

  •  月額契約料なし(1点注文ごとに100円の基本成約料)
  •  購入者に提供できる決済方法が限られる
  •  出品できるカテゴリが限られる
  •  配送やクレームの対応などを自分で行う

大前提として

現在のAmazonのシステム上、FBAを利用した商品の方が圧倒的に売れやすいです。

これはショッピングカートの取得率が高いことと、

購入者はFBA対象商品の方が安心して迅速に取引できる点があげられます。

 

また、大口出品の場合でも自己配送で出品することが可能なため

より柔軟に販売戦略が立てられます。

 

ヤフオクやフリマアプリなどをメインにしている場合には

小口出品で販路拡大することができます。