【せどり】商品登録からFBA納品まで~Amazon納品完全マニュアル~その1

Amazonの出品方法は自己出品とFBAがあります。

以前、自己配送については記事にしました。

>>自己配送方法まとめ<<

 

今回は商品の登録方法から実際にFBAへ納品する過程を解説していきます。

ちなみにFBAは大口契約しなければ利用できません。

>>小口出品と大口出品<<

 

仕入れた商品が購入者の手元に届くまでの流れ

実際にAmazonの倉庫に発送して販売・発送してもらうまでの流れは以下のようになります。

  1. 仕入れる
  2. 商品カタログに登録
  3. 納品プランの作成
  4. 配送
  5. 倉庫の人が受領
  6. 販売
  7. 売れたら倉庫の人が24時間体制で発送してくれる

仕入れた商品はこの段階を経て購入者の元に届きます。結構色々な作業がありそうですが、慣れると大したことないので初めのうちは慎重に一つひとつ確実にこなしていきましょう。

 

では順番に解説していきます。

仕入れた商品を商品カタログに登録(1~2を解説)

まずは仕入れをしますよね。仕入れた商品はまず商品カタログに登録して自分の在庫管理リストに反映させます。

 

セラーセントラルを開いてください。

Amazon管理画面

在庫→商品登録をクリック

Amazon管理画面

上の画像の検索窓に出品したい商品を特定できる情報を入力する。

同じ商品でも複数のカタログが存在する場合があるのでJAN・ASINを入力することをおすすめします。ASINはAmazonの商品ページで確認できます。 
JAN/ASINの説明はこちら 

 

次に検索結果から商品を決定します。

商品画像

出品したい商品を見つけたら①「出品する」をクリック

すると次の入力画面に切り替わります。

入力画面

※番号はおすすめの記入順番ですが、自由に入力していただいて構いません。

①フルフィルメントチャネルを選択します

自己発送する場合は上、FBA倉庫を利用してAmazonに配送を任せる場合は下です。今回はFBA納品したいので下を選びます。

②出品者SKU

出品者SKUはあなたが商品を管理する上で必要になる番号です。そんなに重要ではないので自由に決めて頂いて大丈夫ですが、せどりに慣れるまでは日にち仕入れ値を書くことをおすすめします。

③販売価格

売りたい価格を入力してください。

④コンディション

商品のコンディションを入力してください。中古に関してはガイドラインを読んで決めて下さい。(Amazonコンディションガイドライン:慣れると全く見ないですがたまに確認が必要)

⑤コンディション説明

商品の状態を細かく書く。読みやすいように。新品の場合は【新品】【2000円以上で送料無料】【国内正規品】【Amazonが発送するので安心・迅速】など入れておくと見た人が安心して買ってくれます。

 

ポイントの付与もできます。同じ価格でもポイントを付けることで有利に販売できるかもしれませんが、付与したポイントは売上から引かれるので結局は値引きしたのと同じです。

 

全て入力したら最後にもう一度間違いがないか確認して「保存する」をクリック。

セラーセントラルの在庫画面に今登録した商品が反映されていると完了です。

 

これで商品登録は終わりました。

続いてFBAの納品作業に移ります。続きは以下から移動してください。

>>【せどり】商品登録からFBA納品まで~完全マニュアル~その2<<

 

 

 

 

コメントを残す