【60以上のメーカーが出品できなくなる?】Amazonせどりだけでは危険!?急な出品制限と対応策

このブログを見ている方の中には販路がAmazonだけだという方も多いと思います。
ここ最近、Amazonからの一方的な出品制限がかけられていることをご存知ですか!?

どうも、主夫せどらーkushiです。

今回、僕の中では結構衝撃的ニュースだったAmazonの出品制限について取り上げたいと思います。

Amazon大幅な出品制限。影響と対応策

つい先日(11月末)にレゴ・ブロックの出品制限がありました。
こちらは、Amazonに連絡しただけで、ほどなくして制限が解除されました。

今回(12月中旬)は66ものメーカーの商品に出品制限がかかり、具体的な解除方法も提示されていることから一過性のものでは可能性が高いです。

突然Amazonからメールでお知らせが来るのでまだ確認されていない方はメールをチェックしてみて下さい。

制限されたメーカー一覧

1 SONY
2 CASIO
3 EPSON
4 BROTHER
5 DJI
6 PANASONIC
7 FUJIFILM
8 GOPRO
9 CANON
10 NIKON
11 Hoppetta
12 Ergobaby
13 RICOH
14 PENTAX
15 OLYMPUS
16 SIGMA
17 BenQ Japan
18 TAMRON
19 CAPTAIN STAG
20 Abercrombie & Fitch
 
21 TORY BURCH
22 Polo Ralph Lauren
23 Vivienne Westwood
24 COACH
25 TIFFANY
26 GOYARD
27 NEW BALANCE
28 CK CALVIN KLEIN
29 CHAN LUU
30 RAY-BAN
31 Daniel Wellington
32 A BATHING APE
33 BURBERRY
34 Dior
35 emu
36 FENDI
37 Giorgio Armani
38 HUNTER
39 IL BISONTE
40 Mila schon
41 LONGCHAMP
42 MONCLER
43 Orobianco
44 TOMS SHOES
45 PANERAI
46 Salvatore Ferragamo
47 VANS
48 adidas
49 NIKE
50 GUCCI
51 GUESS
52 LeSportsac
53 MARC BY MARC JACOBS
54 TOMS SHOES
55 Dunhill
56 Ed Hardy
57 FJALL RAVEN
58 BOTTEGA VENETA
59 LOUIS VUITTON
60 CANADA GOOSE
 
61 Chloe
62 Paul Smith
63 Christian Louboutin
64 MINNETONKA
65 TATRAS
66 TOD’S

メジャーなメーカーも含まれているために今後結構な大打撃を受けるかもしれませんね。
ソニーとかパナソニックなんかは早く解除しないと、、、

出品制限の解除方法

制限がかかってしまうのはしょうがない。Amazon様の集客力の上で成り立つのが「せどり」だから。。。

ただ何より思うことが、解除は面倒だということ!
以下が解除方法です。

どちらかが必要です。
 ブランド商品を過去180日間で合計30点以上仕入れしたことが確認できる請求書3通
 ブランド商品の出品許可を得ていることを確認する、ブランドの所有者が発行した認可書

なお、現在出品している商品はそのまま販売してくれるそうです。
次は納品できない可能性があるので、セラーアプリなどで確認してください。

今後の対応策と「ピンチをチャンスに変える」モチベーション

今回のことで、家電やアパレルをメインにして方は結構な痛手かなと思います。

今後、いろいろなカテゴリー・メーカーにも制限が拡大する可能性もあるかと思いますので、偏った仕入れをしている方は注意が必要です。

それでも焦らずひとつひとつ解除していければ問題ないと思いますが。
きっと今回のように制限がかかったジャンルは、解除さえしてしまえばブルーオーシャンになると思われるのであなたのビジネスの武器になります。

慌てることなく対応していきましょう。←僕に言ってる!

以上です。

 

コメントを残す